ケルン山行報告

磐田山の会ケルン山行報告ブログへようこそ
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
雲南省旅行報告

2017年7月3日〜11日

報告者  上村


中国の雲南省は2回目で前回はベトナムに近い所で牛は水牛、今回は北部でチベ
ットに近く牛はヤクでした。
天気に恵まれずに山岳展望はダメでしたが、高山植物は見ごろで目的のノモカリ
ス(豹半ゆり)の花はきれいに見れました、この花は赤ちゃんの手を開いた様で、
世界で最も可愛い花の一つと言われています。
ブルーポピーはなんと道路から直ぐにあり今年も見れました、白馬雪山の峠越えの斜面にシャクナゲの群落やさくら草もあり綺麗でした。
今回のルートは中部国際空港✈→上海浦東→上海虹橋✈→麗江(2泊 標高2400m)→
シャングリラ(2泊 標高3200m)→飛来寺(2泊 標高3400m)→シャングリラ
✈→昆明(1泊)✈→中部国際→磐田


高地で寒く6日間はダウンを着ていました。最高所の峠は4290mでした。
現地通訳ガイドは少数民族ナシ族の王さんでナシ語のあいさつ「アララレイ」


麗江は大観光地で人が多く、夜はお祭り並の人出で自分には魅力がありません。
古城見物は(中国の古城は土産物がいっぱいで楽しくありません。


長江上流の虎跳狭は増水していて迫力満点でした、(1000段の階段)大カーブも一見の価値があります。
川は濁っていて、メコン川やサルウィン川の上流もここの近くを通過しています。
チベット仏教の寺ではパンチェンラマが祭られていました。(複雑な要素があります。)


シャングリラはチベット文化圏でスルーガイドはチベット族で信仰心が強く、ストーパ(仏塔)ではコルラ(巡礼)をしたり、寺ではバターの灯明を供えたり、
マニ車を回したり、信仰心の深さを感じます。
シャングリラ(香格里拉)は、町も大きくて空港もあり、磐田より都会でした、
名前はもちろん中国得意のパクリです。


飛来寺はさすがに田舎で寺以外見るものはありませんでした、目の前に梅里雪山があるのに天気が悪く見えません。
徳欽では梅里雪山の京大隊の遭難碑を見ました。


明永氷河は緯度が低く、森林の中を流れる氷河です、サルオガセが垂れ下がる森の中を歩きます。
今回のツアーは客が6人、添乗員やガイド運転手が4人でコンパクトな人数でした。
楽しみのビールは大理ビールで薄くて冷えていない(不味い)、上海空港ではミールクーポンでアサヒビール(美味い)を飲みました、夏の中国の食の楽しみはスイカとウリで今回も沢山食べました。
機会が有れば又行ってみたいと思います。

 

 

ノモカリスフォレステイ.普達措公園 メコノプシス・ホリデュラ・ラケモサ 馬.普達措公園         

ノモカリスフォレステイ.普達措公園      馬.普達措公園  

 

 明永氷河              シャクナゲ.白馬雪山麓       麗江

明永氷河       

 

 松賛林寺             虎跳峡

   

 

 

 

 

 

 

 

 

柳沢峠〜三窪高原〜鈴庫山(1603M)  

2017617

 

メンバー  坂場・非5

 

コース 磐田香風ハウス6:30=磐田IC=新富士IC=甲府南IC=勝沼IC=10:00柳沢峠10:20-10:50柳沢の頭11:00-11:15ハンゼノ頭11:25-11:30三窪高原-12:25鈴庫山13:00-13:30十字路-14:00柳沢峠14:15=(はやぶさ温泉) =勝沼IC=甲府南IC=新富士IC =磐田IC = 19:25磐田香風ハウス     [走行距離432.1km]

 

晴れ

 

柳沢峠には3時間30分にて着く。駐車場にはバス1台を含め3列にほぼ満車状態。準備して駐車場の奥から木段を登り林道から山道に入る。整備された登山道は春ゼミで喧しい。レンゲツツジが散見されて登り詰めると二等三角点のある柳沢の頭に着く。柳沢の頭より稜線を北に進み下った鞍部が十字路。この付近はレンゲツツジの群生地で満開状態。正面の尾根を登るとハンゼノ頭の展望台に着く。少し前までは富士山が望めていたようだが、私たちが着いたときは望む事が出来なかった。その一方南アルプス、眼下には塩山市街が望める。ハンゼノ頭からさらに進むと、あずま屋のある三窪高原に着く。この付近もレンゲツツジの群生地でサラサドウダンツツジも満開。三窪高原からは無線局の標識に従い進むと、無線局の近くにて鈴庫山への分岐がある。分岐から西に小尾根を下る。木段道は左の山腹へと延び、尾根に出ると十字路からの道と合流する。さらに下って行くと鈴庫山への急登となる。登り口に、山梨の森林100選に選定されている檜の天然林がある。登り詰めると山神宮の石碑が祀られている鈴庫山の山頂に着く。西側が切れ落ちていて眼下に塩山市街が広がる。ここでは富士山の山頂部を望む事が出来た。下山は、十字路に出てから笠取林道に出て青梅街道を少し歩いて柳沢峠へ。温泉は「はやぶさ温泉」に入浴した。

 

十字路のレンゲツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 2017年の花見山行

 報告者  上村

               
今年は花が例年より一週間遅くて彼岸で三河の今水桜が咲いていませんでした。
4月のスタートは身延山の桜となり、雨でしたが風情がありました

2週は甲州高尾山で慈雲寺の桜や桃の花で楽しめました。奥三河の田口の山桜は丁度見頃で、帰りに寄った熊の熊平家の桜は一見の価値があります。
3週は富士五湖周辺の桜で富士山とのコラボは最高と思います。千葉山のドウダンツツジも見頃でした。
4週目の岩岳山の赤やしおは山頂付近はまだ蕾でした。

 

 GWの北アルプスは天気に恵まれ、山麓の安曇野はオオヤマザクラが満開で素晴らしかったです。
今年は花が裏年でしたが、来年は表年の予定です、大いに期待して花見山行を楽しみましょう。

 

      

 

 

 

 

 

 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.