ケルン山行報告

磐田山の会ケルン山行報告ブログへようこそ
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
大菩薩湖北岸より大菩薩嶺(2056M) 

2017114

   

メンバー  坂場・山中()・非4

      

コース 磐田市(高砂香料香風ハウス)6:30=磐田IC=新富士IC= 甲府南IC=勝沼IC=10:30大菩薩湖北岸駐車場(第四駐車場)10:45-展望台-11:20上日川峠11:25-11:50福ちゃん荘12:00-12:40大菩薩峠13:50-14:35大菩薩嶺14:45-15:30福ちゃん荘15:35-15:45上日川峠-16:00大菩薩湖北岸駐車場(第四駐車場)16:10= (やまと天目山温泉) =勝沼IC=甲府南IC=新富士IC=磐田IC= 21:10磐田市(高砂香料香風ハウス)    

 [走行距離432.0km]

 

晴れのち曇り

 

私たちが上日川峠に着いたときは、第一から第三の駐車場が満車で大菩薩湖北岸駐車場(第四駐車場)を案内される。上日川峠から少し戻り大菩薩湖北岸駐車場に入るが、ほぼ満車状態でどうにか駐車する。案内された地図では、大菩薩湖北岸駐車場から少し戻った所から上日川峠へと10分で着くようになっている。展望台を経て上日川峠に着くと35分を要す。地図に書かれていないが上日川峠へと直線的に登るルートがある様子。上日川峠から福ちゃん荘まで林道コースもあるが、登山道を利用する。小休止後大菩薩峠へと向かう。福ちゃん荘から40分にて大菩薩峠に着き昼食とする。靄がかかり遠望が無いが、大菩薩湖や落葉松の紅葉を楽しむ。昼食後、大菩薩嶺の山頂を踏んでから下山。中国語が飛び交い、子供が多い賑やかな山行となる。温泉は強アルカリ性の、やまと天目山温泉に入浴して帰磐。

 

 

 

 

 

自然観察会

 

10/1に伊良湖に行って来ました、メンバーは内野、斉藤、杉田、易子、猿渡、ア
ンジー、寺田の計8名です。


鷹の渡りは残念ながら空振りで、朝の9時半までに90%終わってしまいました。
(伊良湖の鷹の渡り情報)
いつもの通り、灯台を経由して、車まで戻る道にはアサギマダラが見られました。
渥美運動公園の遊歩道を歩いて、展望台で昼休みして帰りました。

上村

 

 ノスリ.と鳶(左)           イソヒヨドリ♀

     

 

 

 

 

 

 

 

 

林道鉢盛山線より鉢盛山(2446M) 

2017929日〜30日   (夜行日帰り)

 

メンバー  (L)坂場・非1名・猿渡・斉藤・上村・市川・鈴木()・鈴木()山中()・山中()・太箸

 

コース 磐田市役所20:00=磐田IC=浜松引佐北IC= 鳳来峡=天龍峡=飯田山本IC=塩尻北IC=24:00道の駅「今井 恵みの里」6:25=朝日村役場=6:50林道ゲート=7:30新登山口駐車場7:45 -9:00村界尾根9:15-10:15鉢盛山11:15-12:05村界尾根12:20-13:10新登山口駐車場13:25林道ゲート=朝日村役場=道の駅「今井 恵みの里」=塩尻北IC=伊那北IC= (みのわ温泉「ながたの湯」) 15:40=伊那北IC=飯田山本IC=天龍峡=鳳来峡=浜松引佐北IC=磐田IC= 19:55磐田市役所   

[走行距離544.0km]

 

晴れ

 

道の駅「今井 恵みの里」にて仮眠。朝食後、朝日村役場に寄って、入山ゲート通行許可書(2台にて申請)と鍵を引き取り林道鉢盛山線へと進む。役場からは、道路上にある鉢盛山への標識に従い進む。林道入口のゲートは、借りた鍵を使用して通過。林道は未舗装でスピードを出せず慎重に進む。新登山口の少し先に駐車場があり12台駐車可能とのことだが、私たち以外の車は無い。登山口から急登が始まり村界尾根まで続く。村界尾根からは、八ヶ岳連峰・南アルプスが望める。村界尾根から鉢盛山荘の間にもう一度急登があり、それを過ぎると権現の庭と名の付いた小さな高層湿原がある。権現の庭からしばらく進むとプレハブ造りの鉢盛山荘がある。山荘からは直ぐに鉢盛山の山頂に着く。一等三角点の山頂は、方位盤が設置されているが樹木に覆われて展望が無い。少し進んだ反射板のある広場からは絶景が広がる。御嶽山・乗鞍岳・焼岳〜鹿島槍ヶ岳と雲一つない展望が楽しめるお勧めの山となる。北アルプスを背景に、300名山完登(夫婦で)の記念写真を撮影し、充分に展望を楽しんでから下山。登山者は、村界尾根と尾根から下山中に単独の2パティーに会ったのみの、静かな山行を楽しめた。

100名山完登は2001年に非会員と上村・谷津両氏の4名。我が家の非会員100名山完登は2014年に私と2名。200名山完登(夫婦で)2016年に非会員と猿渡さんと3名。今回は11名と多くの会員に祝福を受けての登山が出来た。

帰路に、仮眠した道の駅「今井 恵みの里」に寄り果物(ブドウ・リンゴ・梨)や野菜を購入する。この季節の、道の駅「今井 恵みの里」は魅力があり機会があれば寄りたい所だ。

温泉は、伊那北ICで中央道を降りて、みのわ温泉「ながたの湯」に入浴する。この温泉にて550ヶ所の温泉入湯となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.