ケルン山行報告

磐田山の会ケルン山行報告ブログへようこそ
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
嵯峨塩鉱泉より源次郎岳(1476M)  

2017527

 

メンバー  坂場・非1

 

コース 磐田6:30=磐田IC=富士IC=甲府南IC=勝沼IC=9:55嵯峨塩鉱泉入口路肩10:10-10:40林道合点10:50-10:55牛奥峠-11:30源次郎岳12:00-12:41牛奥峠-12:43林道合点12:50-13:10嵯峨塩鉱泉入口路肩(嵯峨塩鉱泉「嵯峨塩館」)14:15=勝沼IC=甲府南IC=富士IC =磐田IC = 18:50磐田     [走行距離403.7km]

 

晴れ

 

勝沼ICを降りて国道20号線を東京方面に向かい、影徳院入口の信号を左折し嵯峨塩鉱泉へと向かう。嵯峨塩鉱泉「嵯峨塩館」入口の所が登山口となる。嵯峨塩館入口手前の路肩に駐車して歩行開始。階段状の登山口から登り始めると山頂まで80分の標識がある。しばらくは急登となるが徐々になだらかな尾根になる。広葉樹林の明るい登山道で、歩き始めてから30分で舗装された林道と合流する。林道上で休憩をとり、歩き出すと直ぐに牛奥峠の標識がある。さらに進むと小ピークに出る。その小ピークからアップダウンがあり、切り開かれた山頂に着く。山梨百名山の標柱があり、大菩薩方面のみ展望がある。山頂ではミツバツツジ・ヤマツツジ・ムシカリの花が満開。山頂でのんびりとしてから下山。今回、登山者は1人のみの出合いで静かな山行となる。温泉は嵯峨塩鉱泉「嵯峨塩館」に入浴。明治35年開湯と趣のある建物で、浴槽も古代檜風呂で落ち着ける。

スポンサーサイト
- | 10:08 | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.