ケルン山行報告

磐田山の会ケルン山行報告ブログへようこそ
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
谷山廃村跡より鍋倉山(1049M) 

 

2017722

 

メンバー  (L)坂場・非1

 

コース 磐田6:35=磐田IC=大垣IC= 9:50谷山廃村跡10:00-10:55(谷山2.6km・鍋倉山2.9km)標識11:05-12:10避難小屋-12:20鍋倉山12:25-12:32避難小屋13:05-13:45(谷山2.6km・鍋倉山2.9km)標識13:50-14:35谷山廃村跡14:50= (かすがモリモリ村リフレッシュ館・薬湯) =大垣IC =磐田IC= 19:55磐田     [走行距離391.9km]

 

晴れ

 

県道32号線かすがモリモリ村リフレッシュ館手前の高橋谷川沿いの細い道路に入り、谷山廃村跡まで車を進める。対向車とのすれ違いが出来ない細い道で、谷山廃村跡への中間位で上ヶ流(かみがりゅう)集落からの道と合流する。上ヶ流集落からの道の方が幅は広く、帰路に利用する。谷山廃村跡の最後の家の庭に車を駐車して歩行開始。最初は林道跡だが直ぐにヒルを発見。その後は夥しい数のヒルとの格闘で(谷山2.6km・鍋倉山2.9km)標識がある処まで続く。ヒルとの格闘が済んだ後は稜線をのんびりと歩くと避難小屋広場に着く。その広場から緩く下り登り返すと鍋倉山に着く。山頂は樹林の中で展望が無く、避難小屋へと引き返して小屋の中で昼食とする。昼食をとりヒルの被害を確認すると2人とも2ヶ所の被害がある。ヒルのいる道は気が重いが、同じ道を下る。下山時に2人とも1ヶ所ずつ被害が増えている。温泉ではないが、近くの「かすがモリモリ村リフレッシュ館・薬湯」に入浴して帰磐。

鍋倉山は、東海自然歩道の山で植林が主で、あまり展望の無い山。そしてヒル多かった。

谷山廃村跡より鍋倉山(1049M) 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
- | 09:33 | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.