ケルン山行報告

磐田山の会ケルン山行報告ブログへようこそ
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
池木屋山

2018.05.26〜27  報告者 猿渡

 

メンバー

     藤岡、新谷、猿渡

コースタイム

5/26 磐田市役所20:00−R23、湾岸道、伊勢自動車道 勢和多気IC―三重道の駅飯24:00 

   

5/27 道の駅5:00―林道終点登山口5:45、6:10−宮ノ谷―高滝7:16−奥ノ出合8:44

   池木屋山10:45、11:20―霧降山12:00―コブシ平12:55−866M13:15―

   ―鹿よけネット14:10―(P)14:50,15:00−磐田市役所21:00  

 

  林道終点の駐車場には3台止まっていた。朝食を済ませ、登山口のポストに計画書を入れて出発した。宮ノ谷コースの鉄の橋や梯子を通り抜けて沢を渡った。奥の高滝が太陽の光を受け、しぶきの横に美しい虹が見えた。短い休憩の後、これから先の奥の出合いまでが危険地帯だと気を引き締めて出発する。急な斜面を登って行くと高滝を見下ろす場所に出た。トラロープが3本も張ってあった。それを両手で掴みながら、滑りそうな落ち葉を気にして慎重に崖を横切る。両手に力を込めて身体を持ち上げるが左足の置き場が不安定。設置された鉄板の横をギリギリで通過したが左側の深い谷底が気になる。注意しながら危険箇所を進んで行くと高巻きが出て来た。その後は沢の横に付いている道を行くと奥の出合に着いた。一段上がると

テント場によさそうなところがあった。ここからは左側の谷に沿った道に入った。

沢から離れて尾根の登りとなった。木の根が階段状になっているので登りやすい。

池木屋山から延びている東尾根が見えた。標高が上がってくると周りはシャクナゲの木が多くなってきた。枝先にピンクの枯れた花が着いていた。さらに登って行くと、シロヤシオの花がまだ咲いていて、上まで楽しむことができた。1週間前なら最高だったかもしれない。頂上からは南に小さく大台ケ原、そこから始まる台高山脈の山並みがこちらに向かってきているのがわかる。

頂上から少し下って行くと、干上がった池(地図には小屋池とある)が現れた。その先が霧降山になる。尾根を直進すると、以前に行った明神平に着く。霧降山から右に曲がると、これから下って行く尾根が延びていた。尾根上にはしっかりとした道が付いていた。ここにもシロヤシオの花が沢山見られた。        

  1222M地点は平地になっていて、その昔は材木の集積地だったのでは?と思う程広かった。「登山道」と書かれた黄色いテープが道のそばの木に巻き付けてあった。お陰で迷うことも無く下山で来た。傾斜のキツイ所で目の前が急に明るくなった。 幹の色が薄茶色で細めの木が多く、見える範囲の全てがヒメシャラ一色になっていた。こんな風景は今まで見たこともないのでひどく感動してしまった。  

下山道は背の高い木で覆われていて周りが見えない。同じ様な尾根の下りは疲れてくる。コブシ平を過ぎて、その先の鹿避けネットまでが長く感じられた。ネットを開けて急斜面に付けられたモノレールの横を下り、2回目のネットを越えた。切り開かれた斜面のジグザグの道の周りには硬そうなわらび、釣がね草に似たえんじ色の花がたくさん咲いてた。3回目のネットを開けて樹林の中を下った。林道に出て駐車場に到着した。

帰りの道の駅ではソフトクリームを食べて満足満足。名物のネギ味噌たい焼きは行列が出来ていたので諦めた。予定よりも少し遅く磐田に着いた。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
- | 12:38 | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.