ケルン山行報告

磐田山の会ケルン山行報告ブログへようこそ
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
汾陽寺より汾陽寺山(519M)

20181012()

   

メンバー  坂場・非1

      

コース 磐田市7:00=磐田IC=関広見IC=9:50寺尾ガ原千本桜入口駐車場10:00-10:35汾陽寺前バス停-10:45汾陽寺山登山口-11:10町境の尾根11:20 -12:25汾陽寺山12:55-13:20 166号鉄塔への分岐-13:45県道59号線合点-13:55寺尾ガ原千本桜入口駐車場14:10= (天光の湯) =土岐南多治見IC=磐田IC =20:00磐田         [走行距離409.5km]    

 

晴れ

 

登山口は汾陽寺前バス停から汾陽寺境内入口にある。登山口を確認してから寺尾ガ原千本桜入口に車を進めて駐車。県道、参道を歩き登山口へと進む。登山口には手書きで薄くなった標識がある。谷筋の踏み跡は薄く目印を探しながらの歩行となる。沢筋を離れジグザグに登ると町境の尾根に着く。尾根からルートを辿ってゆくと、いつの間にかトラバースの道となっている。地図で確認すると小尾根を直登することになっているので、少し戻りルートを探す。どうにか目印を見つけて登り汾陽寺山への稜線に出る。稜線に出てもルートが不明瞭だが、稜線上を進み汾陽寺山の山頂に着く。三等三角点があるが展望は全くない。昼食をとり下山。下山は寺尾ガ原千本桜へのルートを下る。165号鉄塔に着くと、今回唯一の展望となる。登ったことがある片知山・舟伏山が望めるとのことだが、判別が出来ない。166号鉄塔の標識に従い進み、166号鉄塔を過ぎるとほどなく寺尾ガ原千本桜の県道に出る。県道に出る登山道にはビニールテープで通行止めとしてあり、まつたけの時期は入山禁止と書かれていた。汾陽寺ルートは、殆ど利用されていないようで踏み跡が不明瞭。千本桜へのルートは手入れがされていて、このルートの往復がお勧め。帰路、多治見市の「天光の湯」に入浴して帰磐。

スポンサーサイト
- | 09:23 | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.