ケルン山行報告

磐田山の会ケルン山行報告ブログへようこそ
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
能郷白山

報告者 猿渡

 

メンバー   (Ⅼ)藤岡、 成瀬、市川、山中み、猿渡

コースタイム
10/7 アミューズ豊田18:00−新東名、東海環状、―R418−道の駅(うすずみ桜の里) 21:00 仮眠                           
       
10/8 道の駅4:30−能郷谷林道5:08−ゲート5:15−登山口7:02−前山10:10ーー能郷白山10:48、11:30発 ー 三角点 ー 登山口14:16 −(P)15:15−−アミューズ豊田20:00
     
   

10/7  磐田の八幡さまのお祭りで街中は混雑していた。いつもより時間がかかり、アミューズ豊田に着いた。新東名いなさICより高速に入った。
道の駅うすずみの里に着く前、イノシシの母親が子供たち3匹を連れて、道路を渡ろうと道いっぱいになっていた。私たちの車と対向車のライトを浴びても驚いた様子も無く渡っていた。2台の車は事の終わるまで停車した。それよりも前には、鹿が1匹突然前を横切った。よく見るともう1匹は道の脇に止まっていた。事故にはならなかったが、さすが自然が豊かな根尾村だと思った。
着いた道の駅は静かで裏の方にキャンピングカー1台だけ止まっていた。お陰でよく眠れた。

 

10/8 朝3時30分の起床はきつい。食事を済ませ登山靴を履いて出発。能郷谷の沢沿いの林道は荒れていた。30分程走ると山からの土砂が道路を塞いでいた。通れてもまた塞がれていた為、広い場所で向きを変え少し戻ってから駐車した。暗いので余計に不安になった。先を行くと土砂崩れは何箇所もあり、これも台風の影響か?ゲートを過ぎて先を行くと、道路上が沢になり靴を脱いで渡った所が2か所あった。上りになってくると道路の上を流れている水の勢いと水量が増してきた。
沢の中を歩いているようだ。水を避けようと脇の土手や盛り上がっている所を探して右や左へ、ズボンも草のつゆで濡れしまいガマン、がまんが続いた。登山口には予定より1時間遅れて着いた。
今度は本当の沢がありこれを越えたら普通の登山道となる。以前来た時は、ここで靴を脱いで渡った。今回は細めのアルミの橋が架かっていた。ところが橋は傾いていて2本のロープが渡してある。藤岡さんが上にあるロープを持ちながら、靴底の中央を橋板の角に載せて少しづつ横へ横へとずらしながら渡った。私も真似をして渡ろうとしたら、張ってあるロープがゆるい。前に力を入れると沢に落ちそうなので手前に引くようにして渡ってみた。先に渡った藤岡さんは、たるんだロープを掴んでくれたので皆無事に渡れた。次に待っていたのは急斜面の登りだった。そこを過ぎると、使われていない林道のガードレールと半分朽ちた標識は根尾村と読めた。登山口から2時間ぐらい来た辺りで前にいた山中さんの足が遅くなった。休憩をした後にリーダーは2グループに分けた。成瀬、市川、猿渡は頂上へ、但し11時半には下山をする。藤岡、山中グループはもう少し先まで行き下山をする。
3人で頂上を目指し行くが、相変わらず急登が続く。青空に黄色や赤の紅葉があり目を楽しませてくれた。前側が開けてきた。左手の上の方には前山、振り向いた後ろには笹原の尾根が見え隠れしていた。前山の横をトラバースしながら下って行くと、大きなどっしりとした能郷白山があった。笹原で覆われていて美しい。道は細く所々に水で掘られたような跡があった。頂上は何組かの登山者がいた。時間が気になったが11時前に着いたので良かった。熊野白山権現のお社が台風の風で飛ばされ一回転した状態で後ろのハイマツの斜面にあった。方位盤も半分に割れていて下に置いてあった。改めて台風の凄さを思い知らされた。西には尖った冠山、東は乗鞍岳が確認できた。弁当を食べ少し休むと約束の時間になった。北へ5分の所、三角点に行き下山開始をした。
何回か振り返り能郷白山の姿を見た。寒いと思ったが気温が高いのか、とにかく喉が渇いた。
登りはゆっくりで気が付かなかったが、かなりの急斜面が続く。上りよりも下りの方が苦手のためか、疲れた。朝渡った橋にやっと到着した。落ちないよう慎重に渡り、登山口に着いた。頑張ったせいか、予定の時間より15分遅れただけだった。林道を下って行くと気になっていた水が?   朝、道路に、あれだけあふれていた水が無い。一部はあったが殆ど無い状態になっていた。半日でこんなにも水は引いてしまうのだと驚いた。乾いている道路は歩きやすかった。が日陰で湿っている所は滑りやすかった。下り坂では自然と足が前に出て助かった。行きに靴を脱いだ
所は水量も減り、石の上に乗り渡ることができた。何回かのくねくね道を進むと、やっとゲート前に出た。そこを過ぎると車が見えてきた。時間は予定どうりとなった。今日の行動時間は10時間と長かった。着替えをして出発する。帰りは名神,東名を使いアミューズ豊田には20時到着した。

 

 

 

スポンサーサイト
- | 09:34 | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.