ケルン山行報告

磐田山の会ケルン山行報告ブログへようこそ
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
十文字峠より三宝山(2483M)〜甲武信岳(2475M)     

2019523()25()

   

メンバー  坂場・非1

      

523日〜24  両日快晴

 

コース 磐田17:55 =磐田IC=新清水IC=中富IC=須玉IC=21:20道の駅「南きよさと」6:05-7:15毛木平7:35-9:05八丁坂の頭-9:30十文字峠9:40-10:35大山10:45-11:25武信白岳山分岐11:35-12:05尻岩12:30-13:30三宝山13:50-14:30甲武信岳14:55-15:05 甲武信小屋()   

 

甲武信岳は37年ぶり2回目。前回は笛吹川東沢より登ったが、今回は毛木平から十文字峠を経て埼玉県の最高峰である三宝山に立ってから甲武信岳に登り、千曲川源流をへて毛木平へと戻る周遊コースとした。道の駅「南きよさと」にて車中泊としたが、毛木平のトイレも清潔なので毛木平での車中泊でも良かった。毛木平の駐車場は、金曜日でも2/3位が埋まっている。毛木平より樹林帯の中の車道を歩いてゆくと十文字峠への指導標があり、その指導標に従い左へ進み千曲川を渡る。小沢沿いに登って行くと勾配も増し、登り詰めると八丁坂の頭に着く。尾根を緩やかに辿ると十文字峠となる。峠付近はシャクナゲの群生地で昨年は同じ時期に満開だったようだが、今年は蕾が固い。大山へは急斜面となりクサリ場もある。大山から一旦下って登り返すと武信白岳山分岐となる。武信白岳山は現在標識が塞いであり、登山口には×印が書かれている。分岐を右側から巻いてゆく。尻岩にて昼食として一気に三宝山へと登る。三宝山は埼玉県の最高峰である。雲仙岳の最高峰が平成新山(普賢岳は登頂)となったが登山禁止となっている為、現段階での都道府県最高峰の完登とする。三宝山山頂は樹林の中で展望は無い。三宝山から甲武信岳へは思っていたより早く着いた。甲武信岳の山頂からの展望は最高だ。霞んではいるが北アルプスの山並みまで望める。展望を充分楽しんでから甲武信小屋へと進む。小屋の下のあるテント場は広くなり明るい。私たちは小屋泊とした。本日の宿泊者は30名とゆったりとした宿泊が出来る。(収容人数150名で明日は130名の宿泊とのこと。) 

 

55  快晴

 

コース甲武信小屋6:20-6:40甲武信岳6:50-7:10千曲川源流分岐-7:30千曲川水源7:45-8:25千曲川源流あと1.45km標識8:40-9:00ナメ滝-10:40毛木平11:00=(清里温泉「アクアリゾート清里・天女の湯」)= 須玉IC=下部温泉早川IC=富沢IC=新清水JCT=磐田IC= 16:20磐田    [走行距離478.2km]

 

4時起床。5時の朝食の前に日の出となり、2Fの宿泊場所より写真を撮る。24日の朝は1℃しいとのことだが本日はそれほど低くは無いようだ。朝食後、最後位に小屋を出発する。昨日登っている甲武信岳へと登り返す。本日も好展望。朝で空気も澄んでいるので北アルプスまではっきりと望むことが出来る。展望を楽しんでから千曲川水源へと向かう。尾根から水源へと下り始めると、すでに登ってくる登山者とすれ違う。千曲川の水源ではペットボトルに源水を汲んで、帰宅後抹茶やコーヒーを楽しんだ。水源地からナメ滝に向かう途中では多くの登山者と出会う。甲武信小屋から毛木平まで3時間20分にて着く。毛木平の駐車場は満車で駐車場入口の林道沿いにも駐車している。温泉は清里温泉「アクアリゾート清里・天女の湯」にJAF割引670円で入浴。時間が早い為、浴場は貸し切り状態。昼食は、道の駅「南きよさと」にて清里ソーセージカレーと清里カツカレー(清里はカレーが名物)を食べて帰磐。

 

  
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
- | 08:58 | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.