ケルン山行報告

磐田山の会ケルン山行報告ブログへようこそ
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
神坂峠より富士見台 (1739M)〜神坂山 (1684M)  
2013年10月19日 (日帰り)
メンバー  坂場・非6名        
コースタイム:磐田市役所6:30=磐田I・C =中津川I・C=9:30神坂峠9:45 -10:15神坂小屋10:35-10:45富士見台11:00-11:20神坂山12:00-12:05萬岳荘-12:15神坂峠12:25=中津川I・C =中津川I・C =松川I・C= (信州まつかわ温泉「清流苑」) =松川I・C =磐田I・C =17:30磐田市役所 [走行距離494.3km]
曇り 
磐田を出発するときは曇りだったが、浜名湖付近から雨が降り出した。その雨は中津川I・Cを降りてもしばらくは降っていた。飯田の天気予報が曇りだったので山行を決行したのが、実施して良かったのか葛藤があった。神坂峠に着くころには雨は止んだ。峠での駐車スペースは事前に確認していたので、峠から左に曲がったところに駐車。既に4台が駐車してあった。富士見台へは神坂峠から北への登山道となるが駐車場所から直接尾根に登り、神坂峠遺跡の中を通過して本来の登山道に合流した。峠から30分で神坂小屋に着き休憩。トイレのある小屋は綺麗に管理されていた。小屋から、笹原の中の広い登山道を登ると直ぐに富士見台の山頂に着いた。着いた時は周囲がガスで覆われていたが、徐々にガスが取れて恵那山・南アルプス・中央アルプス・中津川市街地と展望が良くなってきた。南アルプスの峰々には冠雪が見られた。(19日は平年より17日遅い富士山の初冠雪が確認された。) 登山者・観光客と人が多くなってきたので神坂山へと移動。神坂山山頂は狭いので少し戻った登山道にて昼食とした。その後、萬岳荘経由にて神坂峠へと戻った。今回は、山頂付近の紅葉と富士見台から見た雲海が見事だった。神坂峠からは中津川I・Cに戻り、昨年同様に信州まつかわ温泉に入浴し、「まるあんずファーム」にてリンゴ(シナノスイート・ジョナゴールド)を購入して帰磐した。その途中、豊川付近から再び雨となった。 今回は1名が初めて山に挑戦するとのことで山を選択するのに悩んだが、天気を含めて結果は良かったかなと安堵。
スポンサーサイト
- | 22:35 | - | - |
コメント
from: EW   2013/11/02 10:53 PM
初めまして。 HPから、山岳会の事をお聞きしたくて、メールを下のですが、エラーで戻ってきます。 見学に行かせて頂けたらと思い、連絡をいたしました。 ご連絡方法を教えて頂ければ、幸いです。 よろしくお願い致します。 -----
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.